全身に激しい痛みが起こる病気

人口の1.66パーセント、およそ200万人以上の患者が存在しているのではないと疫学的に発表されている症状として挙げられているのが、「線維筋痛症」です。
線維筋痛症というのは、簡単に言えば全身的慢性疼痛疾患とされ、全身に激しい痛みが起こる病気として知られています。

痛みが主な症状となるのですが、その範囲は一部分にとどまらず、全身や広範囲となることも少なくありません。
その痛みの度合い自体は軽度のこともあれば、耐えがたい激痛であることもあります。
痛む部位が変わったり、天候によって痛みの強さが変わることもあるとされます。
重症化が数s無と、ちょっとした刺激、音などでも激痛が発生し、生活が困難になるほど。
痛みの他にも、随伴症状として倦怠感や疲労感など、様々なものを伴うことも少なくありません。

中高年の女性に多い病気

線維筋痛症は女性の方が多く、特に中高年に多い病気とされているため、自律神経失調症、更年期障害など、他の病気と誤診されることもよくあります。

膠原病内科では、先ほどのリウマチ反応が陰性の症状や、今回の線維筋痛症のようなものなど、非常に高いスキル、判断力、経験が現場の医師に求められる専門性の高い診療科目となっています。
求められるスキルは高くなりますが、高いニーズに対して対応できる能力さえ身につければ、どこに行っても職に困ることはなくなるのではないでしょうか。
転職をご検討のみなさまには、ぜひ一度膠原病内科に関しても、ご興味をお持ち頂ければと思います。